2010
10
17

焼岳

自宅から焼岳、新中の湯登山口まで4時間弱。
天候は道中曇りがちでしたが、最高の天気となりました。
りんどう平まで来ると目指す焼岳が!左が立ち入り禁止の南峰、右が北峰
 

絵に描いたような景色。
 

もうとっくに紅葉のピークは過ぎていますがそれでも美しい斜面。
 

振り返ると霞沢岳。
 

焼岳直下まで来ると噴気がすごい!

間近にくると蒸気機関車の様にシューっと途切れなく吹き出している。
なかなか硫黄臭い。
火山に登って見たかったので感動。
 

頂上からは上高地を一望出来ました。
 

大好きな白山の裏側が綺麗に見えた。これも感動。
 

笠ヶ岳・抜戸岳、大きい山やなあ。
 

乗鞍の山々

焼岳から続く稜線、西穂・ジャンダルム・奥穂と続き右に前穂、左は槍ヶ岳へ続く。
 

槍ヶ岳は大喰岳に隠れて穂先のみ。
 

穂高連邦と上高地、絶景かな。
焼岳小屋への途中に平坦部があり昼食・昼寝。
死んでもないのに極楽浄土。
 

下山後河童橋からの穂高連邦。
 

上高地から中ノ湯バス停までバスで移動なんと750円!高っ。
安房峠のつづら折れ道を歩く。ながい・・・。
5号カーブあたりで中ノ湯の送迎バスに乗せてもらい標高差50m程得した。
温泉から登山口まで更に歩く。
当然恩返しに中ノ湯に入る。700円
露天風呂からは前穂高岳・明神岳が見えた。
タオルを忘れたが、焼岳小屋で買った手ぬぐいでしのいだ。

最高の一日を過ごせて幸せでした。

新中ノ湯登山口~焼岳北峰~上高地側登山口、累計標高差約1050m 距離8km
上高地側登山口~河童橋 距離2km
中ノ湯バス停~新中ノ湯登山口、標高差270m 距離4km

新中ノ湯登山口7:50
焼岳北峰頂上10:15
焼岳小屋12:00
田代橋13:15
河童橋13:40
中ノ湯バス停14:20
新中ノ湯登山口15:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算認証です。 *答えを半角の数字で入力して下さい。タイムアウトの場合はブラウザの戻るボタンで戻って下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください