2008
9
10

帽子

鮎釣りの掛け針には色んな結び方があるんやけど、簡単に説明します。
昔からある1本針を2連や3連に結ぶ「ヤナギ」と「チラシ」2つの違いは針の向きが順か逆かの違いです。
そんで比較的新しい3本イカリと4本イカリ。イカリ針は7~8本入りで700円位します。
そやから、どっちも自分で結んだ方が経済的です。
難しいと思ってたイカリ針も鮎釣り名人に教えて貰うとあっけなくて簡単。
素早く結ぶには値の張る道具が要るんやけど、アロンアルファとボビン糸ホルダー?があれば
1時間で10本位は結べます。
僕の好みは3本イカリ。チラシやヤナギも良いけどなかなか掛からんときが多い。
まあ掛かれば深くてバレ難いのが良いところやね。
4本イカリは掛かりは早いけど、絡みも多いし針と針の間隔が90°やで狭くて掛かりが浅くてバレ易いね。
3本イカリは掛かりの早さもそこそこ、針の間隔も120°と結構広くて針が深く掛かり易くオールマイティです。
だいたいみんなは針を笠や帽子に刺して使い勝手を良くしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算認証です。 *答えを半角の数字で入力して下さい。タイムアウトの場合はブラウザの戻るボタンで戻って下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください